2008年08月03日

toのツーフライ

toです.

8月3日(日) 天気:くもり 気温:市内30℃,川26℃.


本日はクラブリッツの恒例イベント『ツーフライ大会』.

ルールは簡単,

おのおの好きなフライ2つだけを使用してその日一日で誰が一番大きな魚を釣るか.

というもの.


市内近郊の支流に向かう.狙うは林道に入って10km以上奥の上流部.

車を進める.今日は車が少ない.いつもは必ずと言っていいほど車が止まっている場所もなぜか今日は誰もいない.

朝8時半すぎ,現場に到着.結局ここまで車は2台のみ.
しかもそのうち一台はカネさんの車(!)
車を止めたとたんのアブの来襲を何とかかわし,入渓.

今日,toがチョイスした2つのフライ,それは
エルクヘアカディス#10

エルクヘアカディス#10.
この季節,一発勝負で大きなイワナを狙うにはこれだ.

このコースの大場所は入渓点から1kmまで.
そこまでに勝負をかける.
1時間ほどでポンポンと24cmクラスが何匹か釣れた.

DVC00226.JPG
このあたりのアベレージサイズだ.
が,トップ賞を取るにはこの上が欲しい.

しかし大きいのが居そうなポイントというのは得てして攻めにくく
フライをロストしやすいようにできている.
弾が2つしか持っていない今日は躊躇する.
この辺のジレンマをどう克服するかがこのイベントの難しいところだ.

その対策としてtoが考えたのが同じフライ2つを選ぶという作戦.
フライが外れると坊主の可能性もあるけど,
どのみち一発勝負なんだから,この方がトップ賞のチャンスは多いかなと.

中くらいのプールが現れた.
DVC00221.jpg

一番大きいのは真ん中に伸びている枝の向こうにいる.
枝の手前の流れにも居るだろう.でもそれは一回り小さい.

まずは手前の奴から片づける.
少し上流にキャスト. 一発で出た. 24cm.  やはり..
大きいのは枝の向こうだ.
こういうのをとれるかどうかで勝負が決まる.
枝を交わしてリーチキャスト.
一発目. ちょっと距離が足りない.後50cm上流だ.
二発目. 着水.いいところに落ちた.
 流れに乗って流下する. 50cm. 出た!
さっきよりロッドが大きくしなる.
思わず 「やった!!」と口走る.
ランディング. ジャスト27cm.

DVC00223.jpg


この後も小さいポイントはとばしてテンポよく釣り上る.
断続的にぽつぽつと釣れるが24cm止まり.
それにしても今日は唇の皮一枚でフッキングしているケースがとても多い.
なぜだろうか.

結局12時過ぎに暑さにより集中力が切れて納竿.
林道を歩いて戻ったら40分で車についた.
3時間以上釣り上ったのに,帰りは40分.早いなあ..

そういえば帰り道,途中土砂崩れで林道が通れなくなってた.
ということはあのさらに上流は現在人が入っていないということか...

DVC00220.jpg


posted by clubritz at 21:50| Comment(1) | to | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
toちゃん、優勝おめでとう。次回は私がいただきます。
Posted by ぽこ at 2008年08月04日 06:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。